2017年5月29日月曜日

チンターマニ・グリッド

前回のチンターマニ報告以来、地表のチンターマニ・グリッドは大幅に強化されました。

南極では、二つの石が戦略的な重要地点にそれぞれ設置されました。
いま、世界中の海底や洞窟に、多くの石が次々と埋められています。

ロング・アイランドなど、地球上でもっとも重要なヴォルテクス地点がある地域で、献身的なチームがチンターマニストーンをフラワー・オブ・ライフ状に埋設してくれています。

ロングアイランドのフラワー・オブ・ライフ設置マップ:
成都のフラワー・オブ・ライフ設置マップ:
ほかの地域にもチンターマニストーンがたくさん埋められていますが、特に東アジアは多いです。

2017年始めに、フラワー・オブ・ライフ状に配置された最初のチンターマニ・グリッドが完成されました。それ以来、東アジアではクラウドシップの目撃体験が劇的に増えました。
これらのクラウドシップはクローキング(隠蔽)された銀河連合の母船で、ATVOR の光柱を作り出して、それを埋設されたチンターマニストーンに降ろして、初期異常の浄化をしているのです。

地球のライト・グリッドを具現化するため、惑星周りのチンターマニ・グリッドは重要な道具の一つです。地上のどこかにチンターマニストーンが埋め込まれると、巨大な天使がその地点に降り立って定着し、直径数マイルのエネルギー・ヴォルテクスを作り出します。
惑星周りに定着した天使の数がクリティカル・マス(臨界数)に到達すると、ヤルダバオートという生命体の頭は消え始めるでしょう。ヤルダバオートの頭の消滅に関する状況更新報告は、光の勢力がいくつかの特定作戦を遂行した後の6月中旬以降に予定されています。

また、主流のレイブ(ダンス音楽中心の)文化の中で、善良なETとのコンタクト体験を促進するために、世界中にある多数のダンスフロアにもチンターマニストーンが埋設されています。
あなたの個人用チンターマニストーンは、イベントが起きる時、あなた専用の圧縮突破エネルギーの導管になります。

一方、世界中の地中に埋め込まれたチンターマニストーンは、惑星のチンターマニ・グリッドの一部となり、イベントが起きる時、惑星のための圧縮突破エネルギーの導管になります。

私はもう一回分のチンターマニストーン出荷を提供するように導かれました。次のリンクでご購入頂けます。
また、私のチームが打ち上げたストラトプローブ5(StratoProbe 5)という近宇宙にある宇宙船にも、限定数のチンターマニストーンが置かれました。ストラトプローブ5は上空34kmの最大高度に達しており、その高度で撮った写真からも、地球の曲面をはっきり示しています。
これらのチンターマニストーンは、ベールの向こう側にある最も純粋な光の宇宙エネルギーに数時間浸されており、それらのエネルギーを石の中に封じ込めています。こちらのリンクでお求め頂けます。(訳注: 単価 140ユーロで、Paypal で約 18,000円になります)
Victory of the Light!
コブラによる追加情報: (17年6月3日)
石を自力で買えないライトワーカーやライトウォーリアたちのために、無料配布用のチンターマニストーンが一回分用意されています。(訳注:後日に分かった情報ですが、これらは埋設用ではなく、個人が身につけるために配布されるものです。)希望者は送料のみの負担で石を無料で受け取ることが出来ます。アジアまたはオーストラリアの方は anthem.chang@gmail.com まで、アメリカ大陸の方はjoyandlove1@outlook.com まで、ヨーロッパとアフリカの方は arbresolaire999@gmail.com までご連絡下さい。
惑星のチンターマニストーン埋設プロジェクトに興味のある方は、詳細の指示がこちらにあります。

但し、自分の個人用石は決して埋めないで下さい。
ここ数日間に、イギリスの Fonthill Down に現れたミステリーサークルや、台湾に現れたクラウドシップはいずれもプレアデス人が関与したもので、惑星のチンターマニ・グリッド・プロジェクトに対する彼らの支援を表しています。

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group

(原文)

Monday, May 29, 2017


Cintamani Grid


Since my last Cintamani update, the Cintamani grid on the surface of the planet was strengthened significantly.

Two pieces were strategically positioned on certain key points in Antarctica:



Many pieces are now being positioned on the ocean floors and in the caves worldwide.

Dedicated teams are positioning Cintamani stones in flower of life grid patterns in the most important key vortex points on the planet, such as Long Island:
 


Chengdu:



And many others, especially in east Asia.

Since the first flower of life grids were completed in early 2017, east Asia has experienced a drastic increase of cloudship phenomenon:




Those cloudshps are cloaked motherships of the Galactic Confederation which create ATVOR pillars that descend down into the buried Cintamanis and purify the primary anomaly.

Cintamani grid around the planet is one of the major tools for manifesting the planetary Light grid. Whenever a Cintamani stone is planted in the soil somewhere around the planet, a huge angelic being is anchored in that spot, creating an energy vortex miles in diameter:



When the critical mass of those angelic beings are anchored around the planet, the head of the Yaldaboth entity begins to dissolve. An update about the status of the dissolution of the head of the Yaldabaoth entity will be possible after mid-June when certain operations of the Light forces will be completed.

Cintamanis are also being positioned into many dancefloors around the planet, facilitating the Contact experience with the positive ETs within the mainstream rave culture:

Your own personal cintamani is your own conduit of the energies of Compression Breakthrough when the Event happens.

Stones that are positioned into the soil worldwide are part of the planetary Cintamani grid that will be the planetary conduit for the energies of Compression Breakthrough when the Event happens.

I have been guided to prepare another batch of Cintamani stones. They are available here:

A limited quantity of Cintamani stones was put on StratoProbe 5, a nearspace vehicle which was launched by my team. StratoProbe 5 has reached a maximum altitude of about 21 miles (34 km) and the photos it took at that altitude clearly show the curvature of the Earth:


 
These Cintamani stones contain cosmic energies from beyond the Veil and they are available here:

Victory of the Light!

UPDATE:

One batch of Cintamani stones is now also ready for those Lightworkers and Lightwarriors who do not have money to buy one. They will receive the stone for free, they will only need to pay actual shipping costs. If you are from Asia or Australia and would like to receive your stone, please contact anthem.chang@gmail.com . People from North and South America can contact joyandlove1@outlook.com . People from Europe and Africa can contact arbresolaire999@gmail.com . 

For those interested joining the planetary Cintamani burying project, detailed instructions are posted here:

http://recreatingbalance1.blogspot.com/2017/06/cintamani-grid-guidelines.html 

Just a short remark, do NOT bury your personal stone.

Crop circle in Fonthill Down and cloudships in Taiwan appearing in the last few days are Pleiadians expressing their support to Cintamani planetary grid project:

  

https://theeventhub2015.blogspot.com/2017/06/cloud-ships-in-taiwan.html 




2017年5月17日水曜日

開示プロセス

私たちの太陽系では大きな変化が起きています。無数の善良な宇宙種族が集結し、多数の母船で巨大な宇宙艦隊を構成し、完全開示のプロセスを支援するため、太陽系内の重要な共振地点にある最終駐留位置についています。
これらの母船のいくつかは、上空約17キロにある私たちのチームの人工衛星ストラトプローブ5号が今週撮影した写真に映っています。
この26,000年間で変わらずに維持されてきた惑星地球の隔離状態に対して、はじめてキメラ・グループが不安がる兆候を最近示し始めました。
彼らが空軍宇宙軍団内の防衛を強化しているのはそのためです。


(記事要約: 秘密宇宙プログラムの更新情報 - 米空軍宇宙軍団(AFSPC)の組織変更の公式発表について:
・ A-11 とも呼ばれる宇宙首席補佐官代理という三つ星階級職の新設
・ 空軍は宇宙での買収計画認可プログラムを刷新している
・ 空軍は宇宙戦争戦闘モデル(SWC)を開発している
・ 空軍は宇宙作戦構想(CONOPS)の開発をしている
・ 空軍と統合参謀本部事務局(OJCS)は政策決定の全段階に宇宙スペシャリストを関与させる
これらの変更が、コーリー・グッドやデービッドウィルコックと司令官「ジグムント」の開示計画にどのような影響を与えるのか、記事は強い関心を示している。)


開示プロセスは指数関数曲線のようになっています。私たちが今体験している最初のソフト開示段階ではゆっくりですが、着実にスピードを上げていって、最終的にブレークスルーに到達して、イベントを迎えて完全開示をもたらすでしょう。
いま地上で始まった取り組みの多くは一見無関係でも、すべては隔離状態を突破するためのプリズンブレイク(脱獄)作戦という光の勢力の大いなる計画の一部です。
地球軌道、月や火星などの地球に近い宇宙空間へ挑戦する宇宙計画構想の多くでは、これから数年以内のブレークスルーが期待されています。




主流メディアはETの存在の公表準備をゆっくりながら進めています。これを部分開示にして引き延ばそうとする、けしからぬ派閥が一部にありますが、彼らの企ては成功しないでしょう。全ての主流メディアを巻き込んだこのソフト開示は、実はプリズンブレイク作戦の一部であり、完全開示に向かうための足がかりになるのです。


科学者達はようやく宇宙を横渡るプラズマ・ウェブを発見しました。


次のリンクにその完全解説があります。


宇宙最大のトーラス構造の一つはダイポール・リペラー(双極反射)です。私たちの宇宙のこの一帯も、あるダイポール・リベラーの中にあります。その中心部に天の川銀河や近くの銀河団があります。一方、遠く離れた両端には相反する極性をもつ葉状領域が同じ平面上に配置されています。この中心のヴォイドゾーン(超空洞領域)の中に惑星地球があります。ここは初期異常を浄化するための宇宙ステーションです。ダイポール・リベラーは、圧縮突破のプロセスにエネルギーを供給する宇宙ダイナモ(発電装置)です。


宇宙の基本構造に関して、科学者達はようやくダーク・エネルギーが存在しないことに気付き始めています。


同時に、代替メディアのコミュニティもやっと、シューマン共鳴が増加している訳ではないことに気づき始めました。





シューマン共鳴は、初期のドイツ秘密宇宙プログラムに関わっていて、のちにペーパークリップ作戦でアメリカに渡ったシューマン教授の名で命名されました。シューマン共鳴の周波数はかなり安定しており、主に電離層にある空洞の物理的な大きさによって決まります。

シューマン共鳴の振幅は確かに変わります。電離層のプラズマが励起状態になると大きくなります。電離層のプラズマが励起状態になる理由は様々です。太陽の活動、激しい雷雨、スカラー・プラズマ兵器やHAARPの使用のほかに、光の勢力がプラズマ異常を浄化している時もそのようになります。
光や理解の浸透が深まれば、徐々に解明されていく科学概念や代替コミュニティの認識も他にあります。たとえば、(エネルギー閉鎖系の存在を否定する)熱力学の第二法則や、(少なくとも肉眼で見える範囲で因果律を破る)過去へのタイムトラベルや、平らな地球説です。(地球が平らなら、海面の水平線で日没を目視することはまず不可能です。なぜなら、沈む太陽の光は何千マイルの空気層を通らなければならないため、その大半は大気に吸収されるからです。)

Victory of the Light!

翻訳: Shigeru Mabuchi / PFC-JAPAN Official Group
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2017/05/disclosure-process.html
(原文)

Wednesday, May 17, 2017


Disclosure Process


There are great changes happening in our Solar System. A vast fleet comprised of many motherships of countless positive cosmic races has reached its final parking position on key resonance points within our Solar System to support the process of full Disclosure.

Some of those ships can be seen clearly on photos which were taken by our team this week with StratoProbe 5 about 17 km (57,000 feet) above the surface:






For the first time in 26,000 years, the Chimera group is lately starting to show signs of worry about the stability of the quarantine status for planet Earth.

This is why they are fortifying their defenses within the Air Force Space Command:

Disclosure process is an exponential curve, going slowly at first during the soft Disclosure phase we are experiencing now, but steadily accelerating until we reach the breakthrough at the moment of the Event into full Disclosure.

Many seemingly unrelated initiatives of the surface population are part of the same greater plan of the Light forces (Operation PrisonBreak) to penetrate the quarantine.

Many space program initiatives in the nearspace, in Earth orbit, on Moon and Mars are expected to experience their breakthrough in the next few years:

Mainstream media are slowly preparing for the announcement of the existence of extraterrestrial life. Although certain negative factions will try to spin this into partial Disclosure, they will not be successful and all mainstream media soft Disclosure announcements are really stepping stones towards full Disclosure and are part of the same Operation PrisonBreak:

Scientists are finally discovering the plasma web that spans across the Universe:

Which is perfectly described here:

Dipole Repeller, one of the biggest toroidal structures in the Universe is a sector in this Universe with the Local group of galaxies in its center and two lobes of opposite polarity laterally spaced in both directions. This is the cosmic purification station for the Primary Anomaly with planet Earth in its central null zone. Dipole Repeller is the cosmic dynamo that energizes the process of Compression Breakthrough:



Regarding the basic structure of the Universe, scientists are finally beginning to realize that dark energy does not exist:

At the same time, alternative community is finally beginning to realize that Schumann resonances are NOT increasing:

Schuman resonances are named after professor Schumann who was involved in early German secret space program and was later paperclipped into the United States. The frequencies of Schumann resonances are fairly stable and are mainly defined by the physical size of the ionospheric cavity.

The amplitude of Schumann resonances does change and is bigger when ionospheric plasma gets excited. Ionospheric plasma excitation happens because of solar activity, thunderstorms, use of scalar plasma weapons and HAARP and lately also when the Light forces are clearing the plasma anomaly.


There are other concepts in science and in alternative community that will begin to dissolve slowly as more Light and understanding comes in, among them being the second law of thermodynamics (closed systems do not exist), time travel into the past (it violates causality, at least on macroscopic level), and flat Earth (sunsets into the ocean on flat Earth would be impossible because of atmospheric absorption, as sunrays of the setting Sun would need to travel through thousands of miles of air).

Victory of the Light!