2024年2月18日日曜日

惑星地球の最新状況とフェニックス会議報告

冥王星が水瓶座に入る15分前に以下の小惑星がベルリン近郊の地上に衝突しました。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/2024_BX1

 

冥王星が水瓶座に入ったことで、地下トンネル網の存在が主要メディアに掲載されつつあります。

 

https://www.zerohedge.com/geopolitical/israeli-military-now-says-its-impossible-destroy-vast-hamas-tunnel-network?ref=biztoc.com

 

https://libertarianinstitute.org/news/israeli-military-says-it-will-be-unable-to-destroy-half-of-hamass-tunnel-network/

 


冥王星が水瓶座に進むにつれて、地上の闇の勢力はますます深い恐怖に陥ります。

 

https://clifhigh.substack.com/p/deep-fear
 

 

インドとアフリカのイルミナティネットワークの掃討が進行しています。

数日前に太陽系全域にあるイルミナティの基地はすべて一層されて、アルデバランが地球低軌道にあるイルミナティの最後のシップを撤去していたときに、地上の政府が気づきました。

 

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/russia-launch-on-feb-9-causes-u-s-national-security-threat-today

 

違います、ロシアではありませんでした。

 

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/russia-denies-space-based-weaponry-claim-says-trick-to-get-ukraine-funding

インドとアフリカのイルミナティネットワークのうち、インドの寺院の地下にあるトンネルにいるメンバーは約5万人、アフリカ南部の地下トンネル網には約7万人がまだ残留しています。これから数週間で除去される見込みです。

地上のイルミナティネットワーク以外の主な問題は、2018年から2020年にかけての掃討を逃れたイルミナティ離脱施設(IBC)に残党がいて、いままで活動を停止した状態で存在していることです。

 

http://2012portal.blogspot.com/2018/01/operation-mjolnir.html

2月8日にオルシーニ家はレジスタンス(RM)が地上での活動を阻止するために、IBCを起動しました。

彼らが最初に行ったのは、光の勢力の探知を逃れて今まで不活性化状態だった物理的バイオチップの一部を起動したことでした。このバイオチップはバックアップ用プロセッサーで脳のシナプス信号からの動画音声信号を携帯電話の基地局経由で中央処理センターに送信することができます。情報筋によると、この中央処理センターはギニアとシエラレオネの国境近辺の地下施設にあるということです。

このバイオチップの動きは弱いものですが、地上の住民をコントロールする新たな層となりレジスタンスの地上作戦計画をある程度混乱させます。光の勢力は自分たちの技術を使って、その物理的バイオチップの一部を比較的近いうちに不活性化します。

IBCは現在、主にレプティリアンとドラコのメンバー約1800万人が物理層のヒューマノイド(人型)として存在し主にカイパーベルトを中心とする太陽系の各基地に散らばっており、火星にも小さな基地があります。これらの基地はジャンプルームのネットワークでつながっています。これらもすべて、比較的近いうちに片が付くでしょう。
 
 

(あなたがほほ笑むたびに、レプティリアンはお腹がすく)

 


物理層においてはIBCの主要基地は西アフリカの地下トンネル網で、特にセネガル南部、ガンビア、ギニア、シエラレオナ、リベリア、コートジボアール、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア西部にあるものです。このネットワークは、ヒューマノイド(人型)をした約10万人のレプティリアンとドラコで構成されています。彼らの一部は地上に現れ、移民を装って南イタリアを経由してヨーロッパに潜入します。

もう一つの小規模な基地は、コロンビアとブラジル北西部の地下にあるトンネル網で、約1万5千体のレプティリアンとドラコがヒューマノイド(人型)に変身して存在しています。彼らの一部は地上に出てから移民としてダリエン地峡を通ってアメリカに密入国しています。

 

https://www.zerohedge.com/political/rapes-robberies-shootout-darien-gap-bidens-border-crisis-spreads-chaos

 

https://www.hrw.org/news/2023/10/10/how-treacherous-darien-gap-became-migration-crossroads-americas

IBCの物理的地下基地は、いずれも太陽系の基地とジャンプルームで繋がっており、両基地にドラコとレプティリアンを常時補充しています。
西アフリカのIBCの基地は、アフリカにある秘密の生化学研究所とつながっており、それらはすべてオルシーニ家の管理下にあります。

 

https://www.nyamile.com/news/investigative-american-bio-labs-in-africa-do-they-really-exist/
https://tammy.ai/summaries/health/global-health-concerns/us-secret-biolabs-in-africa
https://www.aa.com.tr/en/europe/russia-claims-us-moved-part-of-biological-projects-to-africa/3039185

ギニアとギニアビサウは、女神のエネルギーを抑制する闇のボルテックスの中心的ポータルです。それがその地域の女性の劣悪な生活環境をもたらしています。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Guinea
https://www.unfpa.org/news/women-guinea-bissau-speak-out-against-female-genital-mutilation-%E2%80%9Ci%E2%80%99m-lucky-be-alive%E2%80%9D

現在の地下IBC基地となっている西アフリカ一体は何世紀にもわたって大西洋横断奴隷貿易に参加しており、それが当地域の恐ろしいエネルギー的状況をもたらしています。

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Atlantic_slave_trade



そこでは多くの癒しが必要とされており、光の勢力はIBC基地のある西アフリカ(地図上の青い楕円)とアフリカ南部一帯にできるだけ多くのチンターマニを設置するように求めています。
この地図を見てお分かりのように、現在この地域に設置されているチンターマニはごくわずかです。

 

 

 フェニックスでのアセンション会議は大成功でした。米国が今年最も調和のとれた平和的なやり方で推移するために必要なエネルギーワークの基礎を築きました。
会議議事録はこちらです。
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2024/02/phoenix-ascension-conference-day-1.html
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2024/02/phoenix-ascension-conference-day-2.html
 
 

 
中国チームが、世界中のライトワーカーをつなぐ素敵なアプリを開発しました。
英語版のアプリはこちらです。
https://starseedsland666.com/
中国版はこちら。
https://starseedsland777.com/

光の勝利!

 

 

翻訳 Terry

 

 

 

 

Sunday, February 18, 2024

Planetary Situation Update and Phoenix Conference Report

About 15 minutes before Pluto entered Aquarius, the following small asteroid impacted the planetary surface near Berlin:

https://en.wikipedia.org/wiki/2024_BX1

With Pluto in Aquarius, existence of underground tunnel networks is going mainstream:

https://www.zerohedge.com/geopolitical/israeli-military-now-says-its-impossible-destroy-vast-hamas-tunnel-network?ref=biztoc.com

https://libertarianinstitute.org/news/israeli-military-says-it-will-be-unable-to-destroy-half-of-hamass-tunnel-network/

As Pluto progresses though Aquarius, the dark forces on the surface are deeper and deeper into fear:

https://clifhigh.substack.com/p/deep-fear

Clearing of the Indian and African Illuminati networks is proceeding with full speed. All their bases throughout the Solar system were cleared a few days ago, and when the Aldebarans were removing their last ships in Low Earth orbit, this was brought to the attention of the surface governments:

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/russia-launch-on-feb-9-causes-u-s-national-security-threat-today

And no, it was not the Russians:

https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/russia-denies-space-based-weaponry-claim-says-trick-to-get-ukraine-funding

Of the Indian and African Illuminati networks, only about 50,000 members in the tunnels below temples in India and about 70,000 members in the tunnel notworks below Subsaharan Africa are still remaining. These are expected to be cleared in a few weeks as well.

The main problem aside the surface Illuminati network is a remnant of the Illuminati Breakaway Complex (IBC) that escaped the clearing process between 2018 and 2020, and remained inactive until now:

http://2012portal.blogspot.com/2018/01/operation-mjolnir.html

On February 8th, Orsini family has activated the IBC in order to prevent the Resistance movement starting the surface operations.

The first thing they did was to activate one part of physical biochips that escaped detection of the Light forces and was inactive until now. This part of the biochips is a backup processor that is able to send audio video feed from the brain synapse signals via cell phone tower network into the main processing center which, according to sources, is located in an underground facility near the border of Guinea and Sierra Leone. Although this biochip activity is weak, it does represent an added layer of control upon the surface population and it moderately disturbs the plans of the Resistance for the surface operations. The Light forces will use their technologies to deactivate that part of the physical biochips relatively soon.

The IBC has currently about 18 million mainly Reptilian and Draco members in humanoid bodies on the physical plane, scattered throughout bases in the Solar system, mainly in the Kuiper belt, and with a small base even on Mars. These bases are connected with a network of jumprooms. All this will also be cleared relatively soon.

 


 

On the physical plane, the main stronghold of the IBC is a network of underground tunnels in Western Africa, especially in southern part of Senegal, in Gambia, Guinea, Sierra Leone, Liberia, Ivory Coast, Ghana, Togo, Benin and in western Nigeria. This network consists of about 100,000 Reptilians and Dracos in humanoid bodies. Some of them emerge to the surface and are then infiltrated into Europe through southern Italy posing as migrants.

Another smaller stronghold is in a tunnel network beneath Colombia and northwestern Brazil, with about 15,000 Reptilians and Dracos in humanoid bodies. Some of them emerge to the surface and are then trafficked as migrants into the US through the Darien Gap:

https://www.zerohedge.com/political/rapes-robberies-shootout-darien-gap-bidens-border-crisis-spreads-chaos

https://www.hrw.org/news/2023/10/10/how-treacherous-darien-gap-became-migration-crossroads-americas

Both physical subsurface strongholds of the IBC are connected with Solar system bases with jumprooms, constantly replenishing the supply of Dracos and Reptilians in both locations.

West African IBC stronghold is also connected to the network of secret biolabs in Africa, all of them under the control of the Orsini family:

https://www.nyamile.com/news/investigative-american-bio-labs-in-africa-do-they-really-exist/

https://tammy.ai/summaries/health/global-health-concerns/us-secret-biolabs-in-africa

https://www.aa.com.tr/en/europe/russia-claims-us-moved-part-of-biological-projects-to-africa/3039185

Guinea and Guinea Bissau are the center of a Reptilian dark vortex portal that suppresses Goddess energy. This leads to the horrible living conditions for women in that area:

https://en.wikipedia.org/wiki/Guinea

https://www.unfpa.org/news/women-guinea-bissau-speak-out-against-female-genital-mutilation-%E2%80%9Ci%E2%80%99m-lucky-be-alive%E2%80%9D

The whole area of Western Africa which is now the location of the underground IBC complex was participating in the transatlantic slave trade for centuries, and that led to horrible energetic conditions in that region:

https://en.wikipedia.org/wiki/Atlantic_slave_trade

Much healing is needed there, and the Light forces are asking as many Cintamani and Galactic Cintamani stones to be safely planted in the Western Africa where the IBC complex is located (blue ellipse on the map), and in Subsharan Africa in general.

As you can see on the map, very few Cintamani stones now exist there:

 


 

Our Ascension Conference in Phoenix was very successful. We have laid the foundation for the energy work that needs to be done for the United States in this year to go through the transition in the most harmonious and peaceful way possible.

The conference notes are here:

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2024/02/phoenix-ascension-conference-day-1.html

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2024/02/phoenix-ascension-conference-day-2.html

 


 

Our Chinese team has developed a very interesting app that can connect Lightworkers worldwide.

The English version of the app is here:

https://starseedsland666.com/

And the Chinese version here:

https://starseedsland777.com/

Victory of the Light!

 

2024年1月21日日曜日

フェニックス

 https://www.mayamagik.com/the-phoenix-hypothesis/
 
 

 (数千年前に学者には不可解な理由で、地球上の古代文明が地上から逃れて深度地下に避難しました。)


 

 

 

 

翻訳 Terry

 

 

フェニックス仮説
             
クリスチャン・ケラート|シークレットTV記事
            
          
黙示録的振付師の頭の中

            
The Phoenix Hypothesis(不死鳥の仮説)は、私が以前書いたCassandra Hypothesis(カサンドラの仮説)から派生した論文である。
 励ましの言葉をいただいたので、英語版をこのウェブサイトに掲載することにした。
このウェブサイトに英語版を掲載することにした。この第一部は、世界情勢の全体像と
世界情勢の全体像と現在の出来事の背景に関する核心的な論文である。
である。ネクサス』誌は私の記事を次のように紹介した:
            
「世界の舞台で起きていることが
 世界の舞台で起きていることが偶然でも狂気でもなく、すべてが計画通りに進んでいるとしたら?
すべてが計画通りに進んでいるとしたら?真実運動の専門家が
真相究明運動の専門家が、代替理論と内部告発を織り交ぜて全体像を描く。
全体像を描き出す。

              NEXUS編集長 ダニエル・ワグナー


- イントロダクション

            
"フェニックス仮説 "の提示

            
            
批評家として、人は世界の重要な出来事に対する自分の認識が一般的な見解と正反対であるという事実に慣れている。
 一般的な見方とは正反対であることが多い。
本誌の読者であれば、この現象に馴染みがないはずはない。しかし、その一方で
 その一方で、矛盾は
真相究明という大義名分を掲げたグループの中にも矛盾は山積している。
 大きな文脈に関する限り、解釈の多様性を見出すことができる。

            
多くのアナリストは、WEFのグレート・リセットを変革的危機の背後にある主要なアジェンダと見ている。地政学的な東西対立だけに焦点を当てる者もいれば
 一方、パンデミック(世界的大流行)の実施に全神経を注いでいるアナリストもいる。
パンデミック(世界的大流行)対策に全力を注ぐアナリストもいる。そして
Q-ムーブメントの信奉者たちもいる。
日間耐え忍ぶ)ディープ・ステートの最後のあえぎを感じている。
すべての異常の背後にある。しかし、近年出現した大衆的な批判運動はどれも
しかし、近年台頭してきた大衆的な批判運動はいずれも、その背後で何が起こっているのか、その旅路はどこにあるのか、満足に答えることができない。
そしてその旅はどこへ向かうのだろうか。
起こっていることの本質的な部分を排除している。



どの見解もまったく根拠がないわけではないが
どの見解もまったく根拠のないものではないが、いずれも欠点があり、別の意図を仮定し
大きな意図の背後で異なる権力構造を非難している。
を非難している。20年以上にわたるオルタナティブ・トゥルース・シーンでの調査や個人的な出会いの中で、私が経験したことを考えると、次のようになる。
オルタナティヴ・トゥルース・シーンでの20年以上にわたる個人的な出会いを考えると、私はこう言わざるを得ない。
カウンター・ムーブメントの多様化は、意図的に "上 "から仕組まれたものだと言わざるを得ない。レーニンの言葉を借りれば

            
            

             
"反対派をコントロールする最善の方法は、自らそれを率いることである"


              ウラジーミル・イリイチ・レーニン
            

            
            
欠けているのは、集団の舞台で目立っているものすべてを
 集団の舞台におけるすべての目玉を、首尾一貫した全体像に落とし込む視点である。そこには
パンデミック的に拡大しているように見える危機の背後に共通項はあるのだろうか、
経済戦争、供給不足、地政学的対立、気候変動、社会的混乱......。
 そして社会的混乱。私はそう考えている。

            
私のフェニックス仮説
ここで紹介する私のフェニックス仮説は、次のようなすべての真理探究者に議論の枠組みを提供することを意図している。
 現在の変容の背後には、相互に関連し合う、より大きなアジェンダがある。
現在の変貌の背後には、相互に関連した大きな意図があると感じているすべての真実を求める人々に、議論の枠組みを提供することを目的としている。その際、私は次のようなことに立ち返る。
 数十年前にNEXUS誌で論じられたいくつかの基本的なテーゼに戻る、
既成概念に疑問を投げかけ、自らを "トゥルーサー "と名乗ることが一般的になる前のことである。
 "トゥルーサー "と名乗るのが流行る前のことである。



私は通常
私は通常、自分の主張とパズルのピースを提示してから、それらを全体像にまとめる。
 しかし、このような問題を扱う場合、このアプローチには限界がある。しかし、このような複雑なテーマを扱う場合、このアプローチには限界がある。
このような複雑なトピックを扱うには限界がある。そこで、私が考える最も可能性の高い結論として、全体像を説明することにする。
そして第二部では、詳細な出典を集めて私の主張を紹介する。
第2部では、詳細な情報源を紹介する。そのために
に関する最も重要な疑問に答え、仮説の重要なポイントに関する有益な調査を提供する形式を選ぶ。
仮説のキーポイントに関する最も重要な疑問に答え、研究のヒントを提供する形式を選ぶ。

            
            
システムについて

            
私は「システム」という包括的な用語を使っている。
 システム」という包括的な言葉を使う。一般的な
一般的な定義では、"システム "は政治的、宗教的、産業的権力センターが相互に結びついた、十分に文書化された構造物である、
宗教、産業界の権力中枢が、シンクタンク
WEF、ビルダーバーガー、外交問題評議会、三極委員会などのシンクタンクやエリート集団を通じて相互に結びついた政治、宗教、産業界の権力中枢のことである。
三極委員会などである。さらに
オカルト的な秘密結社とエリートの血統の間には、拡散的な相互関係がある。
通常、イルミナティという言葉はここに登場する。

            
            
- パート1

            
世界情勢の背後にある全体像

正確な期間については推測するしかない。
正確な周期については推測するしかないが、ある時点で、システムは我々の惑星が周期的な大異変を経験していることに気づいた。
 この惑星は周期的な大変動を経験している。この声明は
 球体を信じるか、人工的なマトリックス(サンスクリット語でマヤ)を信じるか、円盤を信じるか、あるいは混合概念を信じるかには関係ない。私が事実を述べたのは、この疑問の時点ですでに、懐疑的な心が分裂しているからにほかならない。

            
            
周期的大変動とポールシフト
    
これらの激変サイクルのほとんどのアナリストは、繰り返されるポールシフトを信じている
 地球規模の地震、火山噴火、大洪水などの広範な地球の変化を伴う。
 気候帯の急激な再分配が起こる前に、地球規模の地震や火山噴火、大洪水などの広範な地球変動が起こる。
気候帯の急激な再配分が起こる。この地球物理学的リセットは、さらに
ポール・ラヴィオレット博士が "銀河のスーパーウェーブ "と呼ぶ太陽フレアと関連している。さらに、惑星Xまたはニビルとして知られる惑星のフライバイと、出来事のシンクロニシティが相関しているという主張もある。この現象は、政府の内部告発者によってリークされた数多くの予言のトピックであり、我々の古代史では、他の呼び名の中でもフェニックス現象としてよく知られている。それゆえ、この仮説のタイトル "フェニックス現象 "は、一般大衆に知られることによって、予期せぬ結果をもたらす。
一般大衆がある事実を知ることによって、我々が知っている文明は完全に破壊される。
文明の完全な破壊につながる事実が一般大衆に知らされるとき、それは予期せぬ結末をもたらす。



私の調査によれば
1980年代のアカデミック・エリートたちは、次のような決定的な証拠を得たと推測している。
私たちはまもなく、つまり当時で今後40年から70年以内に、再び周期的なリセットに直面することになるという決定的な証拠を、1980年代の学界のエリートたちが受け取ったと私は推測している。
 その時点で、今後40年から70年以内である。根本的に、私たちは次のように考えなければならない。
これらのサイクルに関する知識は、秘密結社に遍在していた。一方
一方、1980年代に登場した純粋に学術的な知識は
地球の歴史から得られた既知の異常と、古代文明の記録と最新の記録を組み合わせたものである。
古代文明の記録と最新の天文観測を組み合わせたものである。

            
天変地異に関する
天変地異の周期に関する証拠の密度が高まるにつれ、システムは最新の知見の中核を
ローランド・ローランドが監督した映画『2012』で主張されたように。
ローランド・エメリッヒ監督の映画『2012』で主張されているように。多くのハリウッド映画に加え
2012』では、多くのハリウッドの花火に加え、観客はさりげなく次のようなアドバイスを受ける。
とさりげなくアドバイスされる。
 私たちが知っている文明を破壊する。



システムの前提は、来るべき地球物理学的リセットまで歯車を回し続けることである。
 羊たちを不必要に混乱させないことだ。
より大きな計画のためでない限り。長期的な目標は、文明の準備をすることである。
物質主義的な見地から、また軍事的な原則に基づいて、文明を準備することである。
地球地殻の変位の文脈でのポールシフトのシナリオのために文明を準備することである。
準備することである。システムは、これが効果的に起こるために、微妙なバランス演技を実行しなければならない
を効果的に行わなければならない。それは、人為的に作り出された
実際の出来事に関するパニックを避ける一方で、大衆をコントロールし、夢中にさせるために、人為的に生み出された恐怖との間でバランスをとる演技である。
実際の出来事に関するパニックを避けることである。従って、注意をそらし、操作し、そして
秘密主義は、統制を維持するための戦略の重要な要素である。

            
            
パニックは避けなければならない!

            
世界的なヒステリーとパニック
パニックは非常に逆効果である。
制御された対策が妨げられるからだ。とはいえ、予想される被害と犠牲者を考えれば
とはいえ、予想される被害と犠牲者を考えれば、システムは現実的に進めなければならない。
個人の苦しみや集団的な感受性を気にすることはない。ただ
ただ、私たちの高度な文明の「成果」と人類の種の存続を確保するために、冷静に見て最適な結果を得ることだけに集中する。
 私たちの高度な文明と人類という種の存続を確保するために、冷静に見て最適な結果に集中する。
に集中している。もちろん、どのような積極的な意図があろうとも、システム
エリートたちが最高のスタートラインに立つために内部で奔走することは避けられない。
エリートたちの内部抗争を避けることはできない。


それが善意からであっても: ひとたび責任者たちが秘密と陰謀の道を歩めば、目的を達成し、真の意図が公になるのを防ぐために、彼らは冷酷に人を欺き、殺人を犯さざるを得なくなる。

            
            

             
「多くの利害関係者が、限られた情報しか得られず
多くの利害関係者が限られた情報しか得られなかったり、代替的な根拠を与えられたり、あるいは意図的に誤った情報を与えられたりしたことを理解する必要がある。
意図的に誤った情報を与えられた。
            

            
            
このようなシナリオを考えれば
このようなシナリオを踏まえると、システムが特定の原則に基づいて運営され、現在では
特定の目標を押し進めることに奔放に見える。ごく一部のエリート・カーストだけが
は、十分な機密性を確保するために、大きな計画について知らされていなかった。他のすべての
他の関係者は「知る必要性の原則」に従う。
架空の全体像の中で特定の詳細を理解するだけである。
を理解しているにすぎない。

            
アジェンダの段階的実施に関与している、あるいは関与してきた個人やグループの大半は、次のような動機を持っている。
 貢献する動機がある。
より多くの権力と富を得ることである。多くの利害関係者が、限られた情報しか得られず
多くの利害関係者は限られた情報しか得られず、代替的な
あるいは意図的に誤った情報を与えられた。これが
現在の出来事について多くの説が流れている理由を抽象化する唯一の方法である。


グランドプランのための資金調達


「この蓄積された この蓄積された権力は、秘密裏に建設計画を進め、世論をコントロールするために使われる。
国民の認識をコントロールするために使われる。そうすることで、システムは末期がん患者のように振舞う。
がん患者のように振る舞う。
            

            
            
さまざまな方法で
システムはさまざまな方法で、想像を絶する価値を闇口座に蓄積してきた。これらの隠された
この隠された予算は主に、DUMB(Deep Underground Military Bases:地下深くの軍事基地)と呼ばれる
DUMB(地下軍事基地)と呼ばれるシステムである。中国のゴーストシティや、スヴァールバル諸島の種子保管庫のようなプロジェクトも、その文脈で数えることができる。
 も、剥製の文脈で数えることができる。しかし、これらの
しかし、これらの施設は、おそらく一般に公開されている氷山の一角にすぎない。
に過ぎないだろう。私にとってもっとエキサイティングなのは、その表面下の真の次元が神話でしかないプロジェクトである。
例えば、デンバー空港、ドゥルセの軍事基地、パイン・ギャップなどである。

            
この文脈では
イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、リチャード・ブランソン、パイン・ギャップといった有名な億万長者たちが、このようなプロジェクトを立ち上げていることを述べてもいいだろう。
ベゾス、リチャード・ブランソン、ロバート・ビグローといった有名な億万長者たちが、地下プロジェクトや宇宙旅行にますます投資するようになっている。
 地下プロジェクトや宇宙旅行への投資を増やしている。彼らは何を知っているのか?
            
シナリオ
システムのリーダーの視点から冷静にシナリオを見ると、次のことが明らかになる。
この種の世界的な挑戦には、最も腐敗した人物とでも協力する必要がある。
最も腐敗した個人とも協力する必要がある。このようなシナリオでは
サイコパスは貴重な資産とみなされる
なぜなら、彼らは厳しいが必要と思われる手段を実行することに、道徳的な障壁を知らないからである。
サイコパスは貴重な資産であるとさえ考えなければならない。同じ原理が資金調達にも当てはまる。

            
資本主義のパラダイムを意図的に赤字に追い込み、できるだけ多くの資金と資源をブラックプロジェクトに投入する必要があった。さらに、軍事予算や麻薬市場も吸い上げられた。ドナルド・ラムズフェルドが9.11の直前に見つけられなかった2.3兆ドルを思い出してほしい。
 また、9.11の後、アフガニスタンで培われた抽象的な麻薬資金を思い出してほしい。
9.11の余波でアフガニスタンで培われた抽象的な麻薬資金を思い出してほしい。これによって
これによって、公式勘定には現れない莫大な価値の蓄積が可能になった。
 あらゆる手段が使われた。中央銀行では、何もないところから富が生み出された。
その結果、巨大な金融バブルが発生した。その過程で
このプロセスでは、大量の負債が許容された。


申し上げたように、現在の文明の突然の崩壊を背景に
現在の文明の突然の崩壊を背景にすれば、あらゆることが許される。
 価値を創造し、選択的に再配分することは許される。
金融・経済システムに対する長期的な影響とはまったく無関係に。
経済システムに対する長期的な影響とはまったく無関係である。主に、この蓄積された力を使うことである。
秘密裏に建設計画を進め、大衆の認識をコントロールすることである。そうすることで、システムは末期がん患者のように振る舞う、
 資金提供者(国民)を引き延ばすことができると確信している。
最期を迎えるまで、資金提供者(国民)を引き延ばすことができると確信している。少なくともそれは
 それは、指数関数的に膨れ上がるシステミックな負債を説明するもっともらしい説明だろう。
少なくとも、誰も返すことのできないシステミックな負債の山が、指数関数的に膨れ上がっていることのもっともらしい説明にはなるだろう。

            
            
DUMBと情報統制

            
構造的なプロジェクトとは別に、グローバルなメディア機関を操り、意思決定者に賄賂を贈ったり、エプスタイン島のようなセックス・トラップによって彼らを支配下に置いたりするには、大金が必要だ。
 必要な措置を世界の目から隠すためには、政治とメディアの協力が不可欠である。
政治とメディアの協力は不可欠である。
を限定的な物語に埋め込むことが不可欠である。体制は、準備段階ごとに信頼できる口実を必要とする。
グレート・リセット」が宇宙的な性質のものであるという事実から大衆の目をそらすために。
 グレート・リセット」は宇宙的な性質のものなのだ。

"秘密裏に
最先端のバンカー・システムを秘密裏に構築することは、準備段階において最も困難なことではない。
準備段階の最も困難な側面ではない。より重要な努力は、リセット後の再建を管理できる
リセット後の再建を管理できる適切な人材を見つけることである。
            

            
            
物質主義的な観点から
 大規模なバンカーシステムを構築することは、最悪のシナリオに備えるための最も論理的なアプローチである。
最も論理的なアプローチである。他の先進文明は
例えば、デリンクユ、ラリベラ、ペトラ、ラキガルヒなどである。フィル・シュナイダーのような内部告発者の報告を信じるなら、DUMBの建設は何十年も前から勢いよく進んでいる。

            
それでも
最先端のバンカー・システムを秘密裏に構築することは、準備段階で最も困難なことではないのだ。
準備段階の最も困難な側面ではない。より重要な努力は
 より重要な努力は、リセット後の再建を管理できる適切な人材を見つけることである。さらに
システムは、コントロールされた再稼働のために人類が必要とする特定の資源を、静かに施設に装備しなければならない。
人類が必要とする特定の資源を、静かに施設に装備しなければならない。

            
            
避けられない問題 人員と設備

            
システムは人工知能を使って
 インターネットから大量のデータをフィルタリングすることで
インターネットから大量のデータをフィルタリングしている。エドワード・スノーデン


私たちは、NSAやグーグルなどの総力を結集して、すべての人々の全体的なプロフィールを作成したことを知っている。
すべての人々の全体的なプロフィールを作成した。これには
 個人の能力や心理的傾向の分析も含まれる。

            
私たちは、システムがどのような
システムが求めている資質や特性は推測するしかない。しかし
映画『グリーンランド』で描かれているように、候補者の詳細なリストはすでに存在していると考えていいだろう。
映画『グリーンランド』で描かれているように。状況が危機的になると、避難のための極秘招待状が発行される。

この面でも、超大作『グリーンランド』は真の洞察を与えてくれるかもしれない。

            
            
隠蔽工作としての危機

            
避けられない仕事
建設資材や半導体、マイクロチップなどの
半導体やマイクロチップのような物理的な資源を大量に地下に移動させることは、決して容易なことではない。
容易なことではない。これは、ゆっくりと、しかし着実にバンカー施設を満たすことができないという事実のためである。
というのも、この重要な時点Xでは、ゆっくりと、しかし着実にバンカー施設を満杯にすることができないからである。
というのも、この重要な時点Xでは、できれば最新の技術世代を手に入れたいからだ。
世代が望ましいからである。しかし、この規模の短期的な物資の移動
を隠すことはできない。


パンデミック(世界的大流行)が始まった直後、どのようなものが極端に少なくなったかご存知ですか?
パンデミックが始まって間もなく、極端に品薄になったものは?その通り:
建築資材、半導体、マイクロチップなどだ。公式には "V"
 が非難されているが、フェニックス仮説によれば、パンデミックは単なる巧妙な陽動作戦である。
パンデミックは巧妙な陽動作戦に過ぎない。しかし、これは次のことを意味するわけではない。
2020年の危機は、D.
DUMBへの特定資源の密かな流出を隠蔽するためだけだったというわけではない。

            
            

             
「パンデミック
パンデミックという非常事態の中で、エリートたちは将来の社会構造のシナリオをシミュレートし、テストすることができる。
将来の社会構造のシナリオをシミュレートし、テストすることができる。
トランスヒューマニズム的なアジェンダに従って。
            

            
            
むしろ、"P(l)andemic"
 は、さまざまな秘密の策略を偽装するためのスイス・アーミー・ナイフとみなすべきである。
リセットに向けたさまざまな密かな策略を隠すための、スイス・アーミー・ナイフと考えるべきだ。これには
 監視と緊急事態法の拡大が含まれる。
 監視や緊急事態法の拡大も含まれる。さらに、パンデミック(世界的大流行)の状況下で
非常事態の中で、エリートたちは未来の社会構造のシナリオをシミュレートし、テストすることができる。
社会構造のシナリオをシミュレートし、テストすることができる。



その一方で
基本的な食料品も不足しつつある。パンデミックに加えて
パンデミック(世界的大流行)のほかにも、このような欠乏が正当化される危機が起きている。
そのような危機は正当化される。現在のところ、ウクライナ紛争が最も大きな影響を及ぼしている。
しかし、台湾をめぐる中国との緊張関係も経済的影響を及ぼしている。
影響を及ぼしている。これは、準備段階が続いていることの表れである。
準備段階は続いている。

            
            
欺瞞の最後の危機

            
さて、システムは国際市場から撤退した商品と、統制のとれた復興を可能にする専門家のリストを手に入れた、
 舞台の最後の幕が切って落とされた。すべての物的・人的資源を
地下に物理的・人的資源を分散させることだ。
特定の "鈴虫 "が群れから突然姿を消していることに気づかれることなく、すべての物的・人的資源を地下に分散させること、
欺瞞と目くらましに再び頼らなければならない。
壮大なスケールで。ここで、差し迫った世界大戦のシナリオが登場する。


その前に、もうひとつ言いたいことがある。
もうひとつ言いたいことがある: フェニックス仮説の枠組みでは、トランプやプーチンのような人物を理想化する理由はない。
 トランプやプーチンのような人物を理想化する理由はない、
 真相究明運動の一部がそうであるように。私の理解によれば私の理解では、世界政治は知られている以上に大きな舞台劇であり、せいぜいプロレスの試合に匹敵するものだ。
 せいぜいプロレスの試合に匹敵する。世界の指導者たちは世界の指導者たちは互いを非難し合い、リングの上で比喩的に罵り合うかもしれない。
 怒り狂った偏向した観客の前で。それでも
エキシビションの結果はすでに決まっている。すべては大きな台本の一部なのだ。

            
            

             
「フェニックス仮説は、NATOと東方の大国である中国とロシアとの間の実際の対立が決定的なものになると仮定している。と東の大国である中国とロシアとの間の実際の対立は危機的なものになるに違いないと仮定している。将軍から戦車の運転手に至るまで、紛争に直接関与する人々は、地政学的な仮説を信じるかもしれない。
地政学的な必要性を信じているのかもしれない」。
            

            
            
確かに、一部のエリートは権力にしか関心がないかもしれない。それとは対照的に、WEF、CFR、ビルダーバーグといった秘密結社や秘密組織の「指導者」の指示に従って行動するエリートもいる。
 システムの中間管理職である。しかし基本的には、それは関係ない。
というのも、結局のところ、彼らは皆、オカルト権力ピラミッドの頂点である
オカルト・パワー・ピラミッドのトップの指示に従っているからだ。


したがって、フェニックス仮説は、NATOと東方の大国である中国やロシアとの間の実際の対立が、決定的なものになるに違いないと仮定している。
 は危機的状況に陥るに違いない。戦争に直接関与する人々-将軍から戦車の運転手に至るまで-は、地政学的な必要性を信じているかもしれない。
将官から戦車の運転手まで、戦争に直接関わる人々は、地政学的な必要性を信じているのかもしれない。その多くは
 しかし結局のところ、彼らは皆、欺瞞と目くらましのゲームの駒にすぎないのだ。

            
            
第3次世界大戦と群れの壊滅

            
この仮説によれば
 この最後の大きなステップである第3次世界大戦は、地球が宇宙的な地殻変動を起こす少し前にエスカレートする。この最後の大きなステップである第三次世界大戦は、宇宙的な地球物理学的変化が誰の目にも見えるようになる少し前にエスカレートする。
エスカレートする。そうすることで、システムは無秩序な核兵器の応酬を意図しているのではない。核兵器による無秩序な交換ではなく、結果的に起こる通常兵器による殺戮を開始する。
従来型の虐殺を、できれば地球規模で開始する。主な目的は主な目的は、物理的・人的資源の最終的な移動から目をそらすことである。リソースの最終的な移動から目をそらすことである。第二に、群れを間引くことである。

            
なぜ
甚大な被害をもたらすであろう出来事の前に、なぜ人口を減らそうとするのか。
という疑問は、上記のような考え方でしか説明できない:
背景の「指導的知性」は、羊農家が羊の群れに備えるように、この状況を見ているのだ。
 羊農家が不利な環境条件に備えて群れを準備するように。
背景の「指導的知性」は、羊農家が不利な環境条件に対して群れを準備するように状況を見る。



「あまりにも多くの 世界経済が全面的に崩壊するシナリオ(これは部分的には以前から始まっている。
世界経済とグローバル・インフラストラクチャーが完全に崩壊するシナリオでは、生存者が多すぎる。
指定されたデザイナー社会は、あっという間にマッドマックスの模造品と化すだろう。
あっという間に。
            

            
            
干ばつ」に備えて群れを間引く
干ばつ」(この場合、必要不可欠なインフラの崩壊)の前に群れを間引くこと。
この場合は、地球の大変動によって引き起こされる必須インフラの崩壊である。
羊一頭あたりの資源が増える。戦争はまた、すべての確立された緊急メカニズムを作動させる。
地球物理学的なエスカレーションが進むにつれて、最大限の効率で作動する。そしてさらに重要なのは、もしシステムが選ばれし者たちを地下から地上に呼び戻して
農場を再建するために、地下から選ばれた人たちを地上に呼び戻したいのであれば、空腹の絶望的な生存者が多すぎてはならない。
飢えた絶望的な生存者が
 彼らを待っている。残された者たちがすでに驚くほどたくましくなっているのなら、反対するのは非常に不都合だ。
取り残された者たちが、すでに驚くほど回復力があり、冷酷で、自らを守る能力を持っているのであれば、反対することは格別に不都合である。
自然淘汰のプロセスを経て、自らを守ることができるようになったのであれば、反対は格別に不都合である。
限られた資源の中での生存をかけた闘いである。



世界経済が完全に崩壊するシナリオでは、生存者が多すぎる。
 (世界経済の完全崩壊(これは、部分的には以前から始まっていることでさえある。
指定されたデザイナー社会は、あっという間にマッドマックスの模造品と化してしまうだろう。
 の模造品になってしまう。このシナリオは、システムが阻止したいものである。
特に、軍事的見地から見ると、我々の社会の大部分は「繁栄につながる」と考えられているからだ。
我々の社会の大部分は、軍事的観点からは「繁栄が損なわれた」とみなされているからだ。
いずれにせよ、不利な状況下での復興にはまったく役に立たない。I
 システムはこの件に関してシミュレーションを行い、削減の臨界点を正確に把握していると確信している。
人口削減の臨界点を正確に把握していると確信している。

            
なぜ人口削減が管理されたリセットと再建に有益なのか、おわかりいただけただろうか?
 が、必然的な外的影響に基づく管理されたリセットと再建のシナリオにおいて、なぜ有益なのかを理解したとしよう。外的な影響を避けられない。その場合、おそらくあなたは
最近の世界的な遺伝子実験について、統一的な理論を持っていることになる。
を、医学的な注意に反して強引に推し進めた。
注意深く。ここではあまり踏み込んだことは言いたくない。それでも、私は
ADE効果やナノ酸化グラフェンに基づくハイドロゲル界面のような状況証拠だ、
 接種され、周波数によって時間内に正確に "活性化 "される可能性がある。
周波数によって正確に「活性化」される可能性がある。もし、あなたがこのテーマについて宿題を済ませたのであれば、このようなことが起こる可能性があることを知っているはずだ、
このことが一見して理解できるほど難解なことではないことを知るべきだ。
 世界の超過死亡率の公式統計を見てほしい。例 ニュージーランド)淘汰はすでに始まっているようだ。



結論

            
入手可能な情報源から
ポールシフトは長引くプロセスではなく、数週間から数カ月で起こりうることは明らかである。
数週間から数ヶ月で起こる。従って、復興は
 速やかに開始される。さらに
気候帯の再配分は基本的にロシアンルーレットのようなものである、
そのため、DUMBという形の「種」がすべて出てくるわけでも、「芽」が出るわけでもない。いずれにせよ
いずれにせよ、人類は新たな章を開くことになる。
必ずしも現在のエリートたちの考えと一致する必要はない。
より人道的な時代の幕開けとなるかもしれない。それでも、それは完全に
それは、トランスヒューマニズムの長期的アジェンダの一部である。

            
カードが  運命やある種の決定論的な高次の原理が、その結果を左右するかもしれない。
 を持つかもしれない。ある人にとっては大惨事でも、別の人にとってはチャンスかもしれない。
別の人にとってはチャンスかもしれない。スピリチュアルな側面についてはまた別の記事で触れたい。ここで提示した仮説では、物理的な要素、物質主義的な思考を持つエリートたちの考察は、天変地異の周期に直面している
激変のサイクルに直面したエリートたちの考察が前面に出てくるはずである。

それでは第二部に行こう: この仮説にはどのような証拠や示唆があるのだろうか?
この仮説にはどのような証拠や示唆があるのだろうか?

            
            
- 第二部

            
フェニックス仮説の論証



ここまで読んで仮の判断、あるいは「仮の信仰」を維持できたとしても、まだ決定的な証拠がない。
それでもまだ決定的な証拠がないのなら、私はあなたを失望させたりはしない。
期待を裏切らない。従って、私は最初に印刷した記事を次のように分割した。
に分割した。私の論証の枠組みを証明し、重要なデータを提供することを目的としている。
重要なデータを提供する。私は、並外れた主張には並外れた証拠が必要であることを知っている。
私は並外れた主張には並外れた証拠が必要だと認識している。

従って、私は次のような基本的な疑問に答えるために最善を尽くします。
基本的な質問に答え、あなた自身の参考文献を得る方法をお教えします。

 

 

 

 


2024年1月20日土曜日

冥王星が水瓶座に

https://www.welovemassmeditation.com/2024/01/meditation-for-pluto-entering-aquarius-on-january-21s
t-at-1250-am-utc.html

 

 

1月21日午前12時50分(協定世界時)に冥王星が水瓶座に入る瞑想

 

 

冥王星は1月20日か21日に水瓶座に入ります。9月1日まで水瓶座に滞在し、その後11週間山羊座に入ります。その後、冥王星は11月19日に水瓶座に再入し、20年間この星座に留まります。

1月20日か21日に冥王星が水瓶座に入ると、私たちは強いエネルギーの出来事を経験することになります。 

その後、今後 8 か月以内に、ディスクロージャーとファースト コンタクトに向けて多くの動きが行われることが予想されます。

これは人類の意識に新たな霊的な目覚めをもたらすでしょう。

https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2023/11/chiang-mai-ascension-conference-day-2.html

http://regret2revamp.com/2023/12/27/ascension-protocols-workshop-by-cobra/

冥王星が水瓶座に入るときの強力なエネルギーイベントを体験するには、次の瞑想が推奨されます。

https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12791062294.html


この表は、さまざまなタイムゾーンでの瞑想の時間を示しています。


この瞑想のFacebookイベントは次のとおりです。 

https://www.facebook.com/events/396461446175239

この瞑想のガイド付き音声プレイリストへのリンクは次のとおりです。

http://bit.ly/3RYHFDr

そして瞑想の英語のライブストリーム:

https://youtube.com/live/e8HYvMf8-Uc 

この瞑想の手順は次のとおりです。英語の表現を改善するために若干修正されています: (この瞑想の推奨時間は 15 分です)

 

1. 独自のテクニックを使用して、リラックスした意識状態に導きます

2. 水瓶座に入る冥王星のエネルギーにより、地球の変化をよりポジティブで調和的なものにするためにこの瞑想を行うと宣言します。

3. 主要なソースから紫色の炎を呼び出し、瞑想中および瞑想後にあなたの周りに保護の輪を置きます。光に役に立たないものを変容するよう依頼してください

4. 輝く白い光の柱が宇宙の中心太陽から発せられ、すべての銀河の中心太陽を通過し、天の川銀河の中心太陽を通過し、水瓶座の冥王星を通過し、すべての存在を通過する様子を視覚化します。太陽系の光。光の柱が地球上のすべての生命を通過し、あなたを通って地球の中心に届くのを視覚化します。

5. 次の宣言を大声で 3 回繰り返し、地球に新しい時代を導く使命を負っているセント ジャーメインに、この変革への支援を求めます。

「I AM、I AM の名において、私はセント・ジャーメインに呼びかけます」

セント・ジャーメインよ、地球を新しい時代に導き、古い時代の残滓を地球から取り除き、人類に光と豊かさをもたらしてください。」

6. 紫色の炎が地球を包み込み、すべてのレイライン、渦、エネルギーグリッドを浄化する様子を視覚化します。

紫の炎が光に役立たないものを変容させ、地球を水瓶座の時代に変える様子を視覚化してください。

7. 紫の炎が地球からすべての闇、不平等、貧困を一掃し、人類に豊かさをもたらす様子を視覚化します。

水瓶座の時代の新たな壮大な宇宙サイクルが始まり、すべての存在に純粋な光、愛、幸福をもたらす様子を視覚化してください。

光の勝利!

 

 


 

2024年1月13日土曜日

最新状況報告

舞台裏での現在の展開について情報を公開する時が来ました。

ソースが12月上旬に直接に亜量子異常を除去し始めた後に、闇の勢力は追い詰められて罠にはまったと感じて完全にパニックに陥りました。

インドのイルミナティ・ネットワークの一部のメンバーはインドのヒンズー教寺院数か所の地下トンネルにあった古代のジャンプルームを起動させました。これらのジャンプルームのいくつかは何世紀も、時には何千年も起動されていませんでした。

これらのジャンプルームを通じて彼らは約3億体のレプティリアンをエーテル層からヒューマノイドの肉体にテレポートさせ、太陽系にまたがる古代のジャンプルームのネットワークを通じてレプトイドをテレポートさせることで太陽系を奪還しようとしたのです。

彼らは惑星Xにある光の勢力の基地に潜入できましたが、双方に多大な犠牲者を出しながらも光の勢力によって速やかに奪還されました。

太陽系を奪還しようとする闇の勢力の企ては排除され、1月上旬にカイパーベルト内外の遠隔地の小惑星にある各種の基地で激しい戦闘の後に潮目が変わり始めて、数週間後には太陽系はその闇から完全に解放されると予想されています。

そのインドのイルミナティ・ネットワークはまた、これらのレプトイドの多くを地下の古代のジャンプルームネットワークを通じてテレポートさせて、アフリカの地下に存在する古代のアトランティスの暗黒ネットワークと合体させました。この闇の地下組織も排除されつつあります。

3億体のレプトイドのうち、すでに多くのレプトイドが除去され、現在残っているのはわずか1億体余りです。その大部分はカイパーベルトの小惑星基地にいて、一部は地球の地下におり、ごくわずかしか地上にいません。

インドのイルミナティ・ネットワークは、約5000年前のクルガン・アルコン進攻の際にクルガンの一派がインダス渓谷に侵入し厳格なカースト制度を持つヴェーダの家父長制文明をインドに導入した際にできたものです。

カルマという洗脳の信仰を導入したのも彼らです。

このネットワークの名残は主にラジャスタン州とグジャラード州に広がっています。

アフリカのイルミナティ・ネットワークは1万4千年前のアトランティス時代後期の最後のポールシフトの時に形成されました。

赤道が現在の位置に移動した時に、闇の勢力は現在の赤道に沿って闇の寺院のネットワークを構築し、レプティリアンが人型のクローン体に転生するためのジャンプルームを設定しました。

こうして、アトランティスの後期から多くのレプトイドが地上の人間社会に入り込み、少数の黒い貴族の管理下で独自のネットワークを形成しました。

そのネットワークは、サブサハラ(サハラ砂漠以南)のアフリカでは特にカメルーン、ガボン、コンゴ、南米ではベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ブラジル、中米のニカラグア、ホンジュラス、グアテマラ、インドではスリランカ、ケララ州、タミル・ナードゥ州で依然としてかなり勢力を保っています。

これらのネットワークはいずれもパラヴィチーニ一族の支配下にあります。パラヴィチーニ一族はイスラエルとの隠れたつながりを通してBRICS同盟も支配しています。この一族の集中的な最終除去の過程にあります。

 

https://www.timesofisrael.com/liveblog_entry/israeli-officials-said-in-talks-with-congo-others-on-taking-in-gaza-emigrants/
https://www.dailymail.co.uk/news/article-12942605/Inside-secret-tunnel-built-extremist-Jewish-students-linking-historic-cleansing-bath-Brooklyn-synagogue-discovered-homeowner-heard-suspicious-noises-night.html

オルシーニ家は西側のイルミナティ・ネットワーク、NATO同盟、バイオ研究所を支配しています。西側のイルミナティ・ネットワークについては重要情報がありますが現時点では開示できません。

これらの闇をすべて除去した結果、銀河のセントラルサンは活動を活発化させています。

まず、大晦日に太陽が活性化させてX5太陽フレアを引き起こしました。

 

https://www.livescience.com/space/the-sun/monstrous-x5-solar-flare-launched-on-new-years-eve-could-bring-auroras-to-earth-tonight
https://www.newsweek.com/solar-flare-radio-blackout-space-weather-1857855

 第二に、地球のエネルギーグリッドの最終的解放のエネルギー面でのプロセスを開始するために、銀河のセントラル種族を活性化しました。

 

 

 

 


1月上旬に銀河のセントラル種族はバミューダ付近の海底にある高さ30フィートのアスター・クリスタルなどの隠されていたアトランティスのクリスタルの全てを活性化させました。

 

https://www.moyracaldecott.co.uk/wdp/atlantis-the-crystal-in-the-bermuda-triangle/

これらのアトランティスのクリスタルは現在チンターマニと銀河チンターマニにつながってパワーを与えています。

銀河のセントラル種族はまた、ギザ、アマゾンのジャングル、南極大陸、その他の地域の地中に埋もれているアトランティス時代の休眠宇宙船も活性化しました。

これらの宇宙船は現在、惑星のエネルギーグリッドにつながって、銀河のセントラル種族が古代に建設して太陽系全体に存在している中間点の宇宙船と接続しています。

セントラル種族はチャコ渓谷も再活性化させました。

 

https://jamesmahu.com/wingmakers-com/about/ancient-arrow-site/

 

 
 

 

 

これらすべてのエネルギー付与の結果、光の勢力はミョルニルの出力を10%-12%まで増加させることができました。

冥王星の水瓶座入りまであと数週間となり、カバールは強い恐怖に陥っています。そのためカバールはサイバー攻撃によってシステムのリセットを計画しました。

 

https://alt-market.us/obamas-weird-new-movie-and-americas-extreme-vulnerability-to-cyber-attack/

そして、自分たちのバンカーでリセットを生き延びたいとしています。

 

https://modernity.news/2024/01/09/mega-rich-are-forcing-out-millionaires-on-billionaires-bunker-island/

 

スーパーリッチの人たちが私のブログを読んでいるとの報告を、この10年間に何度か受けています。どうやら私はイベントについて彼らに本心から恐怖を植え付けることができたようです。

 

https://www.youtube.com/watch?v=vEk79bjYnv0

冥王星は水瓶座入りする前に山羊座の最後の度数を通過しており、情報公開をほのめかす兆候がすでにあります。

 

https://twitter.com/wow36932525/status/1742506832147464447

人類が星間空間に出るための最初の試みもあります。

 

https://www.universetoday.com/165116/nasa-selects-bold-proposal-to-swarm-proxima-centauri-with-tiny-probes/

 

 


冥王星は1月20日・21日に水瓶座に入ります。以下の瞑想でこの強力なエネルギーイベントに参加することができます。

 

https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12791062294.html

 

 

 

2024年には4月8日の皆既日食と11月5日の選挙があり、米国が地球の情勢を左右する重要な年となります。
 
 

 

 

 


 本年米国にできる限り光を定着させることがライトワーカーにとってきわめて重要です。

そこで、フェニックスで開催されるアセンション会議にぜひ皆さんご参加ください。米国と2024年に関する重要な情報を開示します。

 

https://2012portal.events/events/ascension-conference-phoenix-arizona-usa-2024/

また、星とアセンデッドマスターのレイヒーリングのイニシエーションにもぜひご参加ください。センターチャンネルを開き、これから数か月・数年の間に地球に到達する強いエネルギーへの備えとなります。

 

https://2012portal.events/events/ray-initiations-phoenix-arizona-usa-2024/

光の勝利!

 

 

翻訳 Terry

 

 

 

 

Saturday, January 13, 2024

Situation Update

Now it is time to release more intel about current developments behind the scenes.

After the Source began to clear the subquantum anomaly directly in early December, the Dark forces totally freaked out because they felt cornered and trapped.

Some members of the Indian Illuminati network have activated ancient jumprooms that were located in underground tunnels beneath some Hindu temples in India. Some of those jumprooms were inactive for centuries, sometimes even millennia. Through those jumprooms, they have teleported about 300 million reptilian beings from the etheric plane into humanoid physical bodies and tried to recapture the Solar system by teleporting those Reptoids through ancient jumproom network that spans the Solar system and was inactive for centuries as well. They were even able to infiltrate some bases of the Light forces on Planet X, which were swiftly recaptured by the Light Forces with heavy casualties on both sides.

This attempt of the Dark forces to recapture the Soar system was repelled, the tide began to turn after heavy battles in various bases on remote asteroids in and beyond the Kuiper belt in early January, and the Solar system is expected to be completely free from that darkness in a few weeks.

That Indian Illuminati network has also teleported many of those Reptoids through the ancient jumproom network below the surface of the planet and merged it with ancient Atlantean dark network which exists below Africa. Those dark subterranean networks are being cleared also.

Of 300 million Reptoids many were cleared already and now only a little over 100 million still remain, the vast majority of them on asteroid bases in Kuiper belt, some of them on Earth underground and very few of them on the surface.

The Indian Illuminati network was created during the Kurgan Archon invasion about 5000 years ago when one branch of Kurgans invaded Indus valley and formed Vedic patriarchal civilization in India with strict caste system. They were the ones who brought the mind programming belief in karma. The remnants of this network are mostly prevalent in Rajasthan and Gujarat.

The African Illuminati network was formed 14,000 years ago at the last polar shift in the late Atlantean period. When the equator shifted to its current position, the Dark forces built a network of dark temples along the current equator, equipped with jumprooms though which Reptilian entities could enter incarnation into humanoid cloned bodies. This is how many Reptoids entered the human surface population since late Atlantis, and formed their own network under control of a few Black nobility families. That network is still quite powerful in subsaharan Africa, especially in Cameroon, Gabon and Congo, in South America in Venezuela, Colombia, Ecuador and Brazil, in Central America in Nicaragua, Honduras and Guatemala, and in India in Sri Lanka, Kerala and Tamil Nadu.

Both of those networks are under the control of the Pallavicini family, which also controls the BRICS alliance though their secret connections in Israel. Both the Indian and African Illuminati networks are now in intense process of final removal. The signs of that clearing are everywhere:

https://www.timesofisrael.com/liveblog_entry/israeli-officials-said-in-talks-with-congo-others-on-taking-in-gaza-emigrants/

https://www.dailymail.co.uk/news/article-12942605/Inside-secret-tunnel-built-extremist-Jewish-students-linking-historic-cleansing-bath-Brooklyn-synagogue-discovered-homeowner-heard-suspicious-noises-night.html

Orsini family controls the Western Illuminati network, NATO alliance and biolabs. There is some important intel about Western Illuminati network that needs to remain veiled for now.

As a result of clearing of all that darkness, the Galactic central Sun is increasing its activity.

First, it activated our Sun on New Year's eve and triggered an X5 solar flare:

https://www.livescience.com/space/the-sun/monstrous-x5-solar-flare-launched-on-new-years-eve-could-bring-auroras-to-earth-tonight

https://www.newsweek.com/solar-flare-radio-blackout-space-weather-1857855

Second, it activated the Galactic Central race in full to start the energetic process of the final liberation of Earth's energy grid. 

 


 

In early January, the Galactic Central race has activated all hidden Atlantean crystals, including the 30 feet tall Astar crystal which is located beneath seafloor near Bermuda:

https://www.moyracaldecott.co.uk/wdp/atlantis-the-crystal-in-the-bermuda-triangle/

Those Atlantean crystals are now connecting with Cintamani and Galactic Cintamani grids and empowering them.

Galactic Central race has also activated dormant spaceships from Atlantean period which are buried beneath Giza complex, beneath Amazon jungle, in Antarctica and other locations. Those spaceships are now connecting with the planetary energy grid and connecting it with midway space stations which the Galactic Central race has built in ancient times and which extend throughout the Solar system.

They have also reactivated the Chaco canyon site:

https://jamesmahu.com/wingmakers-com/about/ancient-arrow-site/

 


 

As a result of all those empowerments, the Light forces were able to increase the volume of Mjolnir technology to 10-12%.

We are just a week away from the entry of Pluto into Aquarius, and the Cabal is in deep fear. This is why they have plans to reset the system through a global cyberattack:

https://alt-market.us/obamas-weird-new-movie-and-americas-extreme-vulnerability-to-cyber-attack/

and survive the Reset in their bunkers:

https://modernity.news/2024/01/09/mega-rich-are-forcing-out-millionaires-on-billionaires-bunker-island/

I have received several reports in the last decade that the mega rich are reading my blog and it seems I was able to instill some honest fear in them about the Event:

https://www.youtube.com/watch?v=vEk79bjYnv0

As Pluto is traversing the last degree of Capricorn before entering into Aquarius, there are already signs hinting at Disclosure:

https://twitter.com/wow36932525/status/1742506832147464447

There are also first attempts to make humanity interstellar:

https://www.universetoday.com/165116/nasa-selects-bold-proposal-to-swarm-proxima-centauri-with-tiny-probes/

Pluto enters Aquarius on January 20th/21st, and you can participate in that strong energetic event with the following meditation:

https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12791062294.html

2024 will be the key year for the United States influencing the planetary situation, with total Solar eclipse coming on April 8th and election on November 5th

 


 

It is very important for the Lightworkers to anchor the Light as much as possible during this year in the USA. For this reason I am inviting everybody to participate in our Ascension conference in Phoenix, where important intel about USA and 2024 will be released:

https://2012portal.events/events/ascension-conference-phoenix-arizona-usa-2024/

People are also welcome to be initiated into Stellar and Ascended master healing rays, which will open their central channel and prepare them for the strong energies which will hit this planet in the coming months and years:

https://2012portal.events/events/ray-initiations-phoenix-arizona-usa-2024/

Victory of the Light!